インクの原材料を知る

インクの歴史はとても古くて日本でも様々な原料を使ってインクが作られてきました。昔から様々な原材料を使ってインクを作ってきて文字を書いたり表面に色付けするために用いられてきました。昔であれば直接ペンに付けて文字などを書いていましたが、現在ではプリンターのインクのほうが使われることが多いです。

このインクは大きく分けて油性インクと水性インクに分けることができます。それぞれのインクに特徴があって油性インクは長時間利用しなければ固まってしまう特徴があります。水性インクは水に滲んでしまう特徴があります。文字などをかけばそれぞれのインクで文字を書けますが、油性と水性では原材料が異なるので生じる現象も異なってしまいます。

近年では原材料の改良がなされているので、長期間使用しなくても劣化することなく保存に耐えられるインクを利用してペンやプリンターに使われています。現在よく利用されているのが水性の顔料インクが多く使われています。水性の顔料インクの特徴は長期の保存に優れていて水に濡れても滲みにくい特徴があります。

ここまでインクの原材料の改良が進み手書きで使うペンのインクもプリンターで使うインクも原材料の改良があったからこそ誰でも使いやすい製品が多く販売されるようになったのです。

当サイトではインクの歴史や現在のインクの種類とどのような原材料が使われているかを説明しています。自分が使っているペンやプリンターのインクがどのような原材料なのかを知ることはとても興味深いものです。