印刷用インクの特徴

昔と違い現在では万年筆のようにインクをペン先に付けて書く行為が廃れてきている代わりに普及しているのがプリンターでそのプリンターに使われるインクが印刷用のインクになります。プリンターは家庭でも普及していますが、プリンターは互換インクカートリッジを利用してインクを充填することもできます。

印刷用インクの原材料は顔料、媒剤、添加剤から作られることが多いです。様々な印刷方法によってインクを使い分けることもあり粘度が高いものから低いものなど様々なインクがあります。
商業用の印刷物の場合よく使われるインクが高粘度のジェル状インクが使われることが多いです。しかし環境問題が叫ばれている業界でもあるので、高粘度のジェル状インクから更に進化させて環境に優しい大豆油インクが多用されるようになりました。

大豆油インクとは大豆油から作られる工業印刷用油性インクで、今まで一般的だった石油溶剤のインクと違いリサイクルしやすい、生分解されやすい、有機化合物が出にくいなどのメリットがあります。このように印刷用インクも原材料の進化に伴って地球環境に優しいインクが使われるようになり、新聞から広告まで様々な媒体で大豆油インクが利用されています。