印刷用インクの特徴

昔と違い現在では万年筆のようにインクをペン先に付けて書く行為が廃れてきている代わりに普及しているのがプリンターでそのプリンターに使われるインクが印刷用のインクになります。プリンターは家庭でも普及していますが、プリンターは互換インクカートリッジを利用してインクを充填することもできます。

印刷用インクの原材料は顔料、媒剤、添加剤から作られることが多いです。様々な印刷方法によってインクを使い分けることもあり粘度が高いものから低いものなど様々なインクがあります。
商業用の印刷物の場合よく使われるインクが高粘度のジェル状インクが使われることが多いです。しかし環境問題が叫ばれている業界でもあるので、高粘度のジェル状インクから更に進化させて環境に優しい大豆油インクが多用されるようになりました。

大豆油インクとは大豆油から作られる工業印刷用油性インクで、今まで一般的だった石油溶剤のインクと違いリサイクルしやすい、生分解されやすい、有機化合物が出にくいなどのメリットがあります。このように印刷用インクも原材料の進化に伴って地球環境に優しいインクが使われるようになり、新聞から広告まで様々な媒体で大豆油インクが利用されています。

インクの種類と特徴

現在の印刷業界や文房具業界で広く使われているのが顔料インクと染料インクです。顔料インクと染料インクにはそれぞれ特徴がありこの特長を活かして様々な分野で有効活用されています。自分が普段利用するプリンターやボールペンのインクの特徴を知ることでものすごく愛着が出てきます。

顔料インクは水や油に溶けない性質があり一番最初の段階では粉末状態となっていて、特定の波長と光を選択的に吸収していくことで色を変化させることができる特徴があります。顔料の用途は幅が広くインクや塗料以外にも化粧品、食品、織物にも使われています。顔料にも2種類あり有機化合物を成分とする有機顔料、天然鉱物顔料と合成無機顔料などの無機顔料があります。

染料インクは水や油に溶ける性質があり、水など特定の溶媒に溶解させて利用される原材料です。水や油に溶ける性質があるので様々な利用方法があり布や紙にも染色することがあります。染料には古代から染料として使われてきた天然染料、近年急速に発展している合成染料、蛍光能を持つ蛍光染料などがあり、それぞれの染料インクは顔料インクに比べて多くの色を作り出すことができるので、その特長を活かして様々な分野で使われています。

昔のインクの歴史

インクの歴史はとても古く昔から様々な原材料を駆使して顔料を作り出しました。

当時は色の種類はそれほど多くはなくて限られた色で表現をしていました。昔使われていたインクの原材料は鉱物や種子から採取したものでインクが作られていました。これは壁画などに鉱物のインクが使われた記録が残されています。種子のインクは様々な植物の種子を採取して様々な色を作り出しました。日本では墨が昔からありますが、これはイカなどの海洋生物から採られる天然染料を使っていたこともあります。

種子以外にも昆虫などの動植物は多く使われていてこれらを使って作られた原材料はとても貴重で、貿易の際の交易品となった歴史が残っています。その後は植物由来のインクが多く使われるようになりました。有名なのがアカネや藍、ウコンなどが使われていました。

この後万年筆が登場しインクの原材料の開発が一気に加速しました。万年筆は1900年頃のイギリスが発祥で最初は顔料インクを使っていましたが粒子が粗いということもあって原材料が改良されて染料インクが多く使われるようになりました。このように昔のインクは様々な手法で作られてきた歴史があり、万年筆の登場で一気に高品質のものが作られるようになりました。

インクの原材料を知る

インクの歴史はとても古くて日本でも様々な原料を使ってインクが作られてきました。昔から様々な原材料を使ってインクを作ってきて文字を書いたり表面に色付けするために用いられてきました。昔であれば直接ペンに付けて文字などを書いていましたが、現在ではプリンターのインクのほうが使われることが多いです。

このインクは大きく分けて油性インクと水性インクに分けることができます。それぞれのインクに特徴があって油性インクは長時間利用しなければ固まってしまう特徴があります。水性インクは水に滲んでしまう特徴があります。文字などをかけばそれぞれのインクで文字を書けますが、油性と水性では原材料が異なるので生じる現象も異なってしまいます。

近年では原材料の改良がなされているので、長期間使用しなくても劣化することなく保存に耐えられるインクを利用してペンやプリンターに使われています。現在よく利用されているのが水性の顔料インクが多く使われています。水性の顔料インクの特徴は長期の保存に優れていて水に濡れても滲みにくい特徴があります。

ここまでインクの原材料の改良が進み手書きで使うペンのインクもプリンターで使うインクも原材料の改良があったからこそ誰でも使いやすい製品が多く販売されるようになったのです。

当サイトではインクの歴史や現在のインクの種類とどのような原材料が使われているかを説明しています。自分が使っているペンやプリンターのインクがどのような原材料なのかを知ることはとても興味深いものです。